« ポイントカード | トップページ | 目まぐるしい一日 »

2007年8月20日 (月)

短い竿と長い竿の効用

 今日は、犬の散歩を終え、コインランドリーにて洗濯です。足のむくみもひどく辛いんですが、やれるうちは頑張りたいと思います。明日から、朝風呂に、早朝マッサージの予定です。出かけるためにはしょうがない事かも知れません。病気になりますと余計に手間がかかります。何かお金を払って疲れて居るみたいです。洗濯が終わり、一旦家に帰り、洗濯物をたたんで、蔵王の釣り堀に、最初曇っていて涼しかったんですが、途中から日も差し暑くなってきました。長袖で行ったものですからさすがに暑くなってきました。昼食を摂り一旦帰宅ついでに食休みとを取り、再度出撃、短竿(2m40)で午前中やっておりましたが、指導員の意見により、長竿(4m50)に変更し仕掛けを作ってもらい、釣り方の指導をしてもらいました。結構釣れました。長竿はやはり重いですね。釣果は午前と午後で19匹でした。もう足がパンパンです。今日は早寝です。

|

« ポイントカード | トップページ | 目まぐるしい一日 »

コメント

こんにちは。一般には長い竿のほうが釣り人から遠い分魚の警戒心が薄れるようです。でも振るのには短い方が楽ですよね。

投稿: sunshine_hera | 2007年8月21日 (火) 10時26分

   sunshine_hera さんへ


 今、短い竿に凝っていまして気合いが入るためか良く釣れんです。一般にはheraさんがおしゃる通りで長い竿の方が釣れるとおもいます。ヘラはともかくとして、渓流では短い竿ではまず釣れないと思います。

投稿: サッチャン | 2007年8月21日 (火) 20時16分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 短い竿と長い竿の効用:

« ポイントカード | トップページ | 目まぐるしい一日 »